iPhone

iphone修理依頼の多い故障

左手でスマホを持つ

2016年のある調査では、世界のモバイルOSシェアを比較したところ、日本においてはiOSの機種、すなわちiPhoneのシェアが約7割という結果が出たそうです。今やそれほど多くの人に使用されているiPhone。多くの人が携帯しているものなので、その故障件数もかなり多いことも事実です。同じく2016年のまた別のある調査では、iPhoneの故障率は次いでシェアの多いAndroidの故障率を上回り、急増しているとの報告もあるようです。この記事を読んでいる皆さん自身、またはご家族やご友人でもiPhoneが壊れた経験のある方は多いことでしょう。
では、よくある故障とはどのようなものなのでしょうか。公式の発表はないのですが、やはり最も多いのはフロントパネルの破損のようです。よくある画面割れだけでなく、液晶画面の不良やタッチパネルの不具合などのトラブルが多いようですね。次いで多いのが水没。新しい機種であるiPhone7とiPhone 7 Plusには防沫性能、耐水性能があるそうですが、完全防水ではないためやはり注意が必要です。その上、この防沫性能、耐水性能が認められたことに付随して、Apple社独自の補償では水没は対象外となったようです。大切な情報のたくさん入っているiPhone。故障時の修理の手間もありますので、壊れないように注意して使いたいものですね。

おすすめの記事

2017年04月26日
iphone修理依頼の多い故障を更新しました。
2017年04月26日
画面が割れたまま使用するのは危険を更新しました。
2017年04月26日
iphone修理の安心感を更新しました。
2017年04月26日
iPhone修理のことを知ろうを更新しました。
タブレット

iPhone修理のことを知ろう

iPhoneでよくある故障は画面が割れたり、液晶が漏れたりすることが多いと思います。iPhoneは他のスマホよ…

もっと読む

女性

iphone修理の安心感

iphoneにしてから7年くらい経ちますが、シリーズは変えてきていますが今まで修理の事は漠然となったらなったで…

もっと読む